37歳アパレル会社の経営者の方と、3万円の約束で食事に出かけました。
思いもかけなかったのですが、とっても真剣な態度で私がサポートして欲しいという気持ちを聞いてくれました。
現在の会社ではデザインが認められないこと、パタンナーの仕事しか与えられないことなど、とっても詳しく話していくことになりました。
最初の食事のとき3万円を受け取り、相手の方から「来週も時間を作ってもらえるかな?」と言ってもらえたのです。
やはりパパ活なのかなと思ったけれど、話は真面目に聞いてくれるし、3万円という大きなお小遣いを出してくれるのでお付き合いをすることにしました。

 

 週に1回待ち合わせ、都度3万円を支払ってくれていたのです。
私がデザインしたものを見たいと言ってくれて、見せることもしばしありました。
でも結局はパパ活なんだろうという気持ちになっていました。
お小遣いはもらえるのだから、パトロン探しは引き続きやっていけばいいなという気楽な気持ちだったのです。
しかし、ある時突然だったのですが言われてしまいました。
「かなり真剣に夢を追いかけているって感じるんだよ」
「は、はい…」
「真面目に独立する気があるんだね」
「はい、独立はどうしても必要だと思ってます」
「わかった、現在の会社の給料よりも多めに毎月出してあげよう。君の仕事がしっかり軌道に乗るまで、援助していきたいと思っている」
この言葉を聞いたとき、なかなかその内容が飲み込めませんでした。
毎月出してあげるとか、仕事が軌道に乗るまで援助とか、頭の中で解読するのにかなり時間がかかって、ぽかんとした表情だったと思います。
そんな私を、どこか優しげな笑顔で見つめてくれていました。
我に返った私は「あの…援助して…」と言葉に詰まってばかりでした。
「そうだよ、毎月援助する」
目頭が熱くなるような、そんな瞬間になっていきました。

 

 同級生から教えてもらった愛人の作り方は、良質な出会い系サイトを利用し続けることでした。
これを実践してみたのですが、私もお金くれる人を見つけ出せてしまったのです!
本当に嬉しくてうれしくて、家に帰ってきてから突然実感が湧いてきちゃって、その夜眠りに付くことができませんでした。

 

女性は完全無料定番サイト男性だけ有料
愛人募集サイトBEST5
パトロン募集の成功者から学んだ優良サイト