私の夢を応援してくれ、支援してくれるパトロン探しを良質な出会い系サイトで続けていました。
そして、ついに愛人になってくれるかもしれない方からの連絡が入るようになってきました。
ただ、すんなりと行くわけではありませんでした。
メール交換をした後に、LINE交換に発展し条件など聞くようになっていくのですが、どうしてもパパ活という関係を求めている方の方が多いみたいですね。
1回の食事に付き合ってくれたら、2万円出すというようなものでした。
正直なこと言えば、これはこれでとてもありがたいお話です。
食事だけでを小遣いをもらえるのは、私としても興味はありました。
給料が高いというわけでもありませんから、こういった臨時収入は大歓迎だったのです。
とりあえず待ち合わせをして、食事にお付き合いをすることになりました。
でも、独立の夢を諦めたわけではありませんでした。
大きなサポートをしてくれる、そんな方を探し続けることは止めませんでした。

 

 愛人が欲しい私は食事だけのパパは探せたけれど、夢を応援してくれる本格的な支援をしてくれる男の人は探し続けていました。
こんな私のところに、37歳のアパレル会社を経営しているという方から連絡がやってきたのです。
Jメールで募集したのを見てくれた方でした。
この方ともLINE でお話をすぐするようになりました。
「どうして支援を求めているのか、詳しく聞かせてもらえるかな?」
そう言われましたので、自分のデザインが認められないこと、独立して個人事業主としてやっていきたいという夢を持っていることを伝えてみたのです。
「とりあえず、待ち合わせしてじっくりそういう話をしてみないか?その時3万円を出そう」
また、パパ活なのかな?と思ったのですが、業界の方だったから興味がありました。
もしかしたらお金くれる人になってくれるかもしれませんから、待ち合わせしてみることにしました。

 

女性は完全無料定番サイト男性だけ有料
愛人募集サイトBEST5
パトロン募集の成功者から学んだ優良サイト